住宅ローンが組めない物件という存在

手の汗を抑える 現在マイホームを探している我が家。 最近では、探しているエリアに強いネットワークを持っている不動産業者に絞って物件探しをしています。 この前は、不動産の営業さんの車に乗って、あちこち物件を見て回ってきました。 その中の1つに、住宅ローンが組めない物件というものがありました。 正確には、住宅ローンの審査が通らない物件なのですが。 どういった物件かというと、中古戸建なのですが、容積率も建ぺい率も、定められた基準を微妙にオーバーしてしまっているのだそうです。 立地はそれなりに良く、立地の割に超お買い得な価格で、家の状態も悪くないので、買いたいというお客様は今まで何度も現れたらしいのですが、住宅ローンの審査にことごとく落ちてしまい、諦めていくんだとか。 住宅ローンの審査って、ローンを組む買い手の経済状況だけではなく、担保となる住宅の資産価値ももちろん重要なんですよね。 建ぺい率や容積率のオーバーは、いわば違法建築物なわけですから、価値として認められず、審査を通すわけにもいかないのが銀行の言い分。 もっともな言い分ですよね。 住宅ローンが組めないのですから、どうしても購入したい場合は現金一括払いしかないけれど、そこまで現金を持っているようなお金持ちの人は、もっとずっと条件の良い物件を買えるということなので、もうずっと売れてないんだとか。 こういった物件を売るためには、結局は家を壊して更地にし、土地として売るしかないんだろうけど、売主がそれに応じず、ずっと宙ぶらりん状態になっていると営業さんは言っていました。 マイホーム探しをしていると、今まで全く知らなかった不動産業界の色々な顔が見れて本当に面白いです。 建ぺい率や容積率、なんとなく言葉だけは知っていたけれど、詳しい内容はマイホーム探しを始めてから知りました。 他にも、物件探しをしていると、たくさんの知識を得ることができます。 そして、この知識って、良い物件探しをするためにはとても大切なんですよね。 この不動産屋の営業さんは、私たちの素朴な疑問に色々と、しかも赤裸々に答えてくれます。 私たちが気に入る物件にはまだ出会えていませんが、日々勉強して、失敗しないマイホーム探しをしたいです。

Continue reading


分譲マンションの中身が予想以上に素晴らしくて

先日、近くにあるマンションを見に行ってきました。現在は主人の実家で同居しているのですが、まだ下に兄弟がいて二人とも学生です。主人が楽器をやる関係で私達が二部屋使っているのですが、そこまで大きな家ではないのでかなり窮屈になってしまっています。 これから先大学受験で勉強する機会も増えるでしょうし、出来れば早めに一つ勉強部屋を作ってあげたいということで、いよいよ引越しを考えるようになりました。そこで、徒歩5分くらいのところにある分譲マンションを見に行ってきたわけです。 というのも、義母の知り合いがこのマンションを持っているそうですが、しばらく海外に移住する予定なのでその間だけ住んでくれる人を探しているのだとか。 4年ほどになるので、その間上の子は大学に進学します。 下の子はまだですが、今は二人で貯金していますからその頃にはマイホームを購入出来るようになると思います。 ということでマンションを見に行ってきたのですが、何というかホテルライクなんですね。エントランスもとっても豪華で、マンションというより本当にホテルに見えます。 有料だそうですがゲストルームを取ってくれたのでこちらも見学しましたが、本当に素敵で。子ども用のプレイルームもあるので、雨の日でもマンション内で子どもを遊ばせることが出来ちゃいます。 お部屋の方も広々と開放感があってとっても素敵!バルコニーもかなり広いので、休日なんかここでお茶をしながら読書が出来たら素敵だなぁと思います。プランターでちょっとした土いじりもできますね。 お子さんが小さい頃は、バルコニーに砂場を作って遊ばせていたこともあるそうです。 個人的にはキッチンがとても気に入りました。対面キッチンでとにかく広いですし、マンションといえば定番のディスポーザーや食器洗浄機も。実際に見に行ってみるとやっぱり住みたくなってしまいますね。 4年という期限があるのですが、どうしようかと今は主人と相談しています。

Continue reading


友人の購入した新築マンションへ

中学生の頃からずっと仲良しの友人がついにマンションを購入しました。それも新築です。ということで、早速引越し祝いを持って遊びに行ってきました。 彼女が購入したのは、いわゆるハイグレードマンションです。やはり入ってみると高級感があって、素直にすごいなぁと思ってしまいました。出迎えてくれた彼女も、やっぱりいつもより素敵に見えてしまいますね。 小規模のマンションで、シングルやDINKSを対象としています。そのため、子連れの入居者の方はいないそうです。それが購入の決め手になったそうです。投資目的で購入している方も多いみたいですね。 彼女の場合、就職してからは一人暮らしをしていましたが元々は大規模なマンションに住んでいました。そこもいかにも富裕層向けといった感じのマンションだったのですが、子どもの声が結構うるさかったそうです。 そういう経験をしているので、なるべく子どものいないマンションをと探してようやく見つけたのだと話してくれました。 共有スペースが結構広いのですが、大人ばかりですからみんなでお酒を飲みながら庭でバーベキューを楽しんだり、ワインを飲んだりするのだとか。 友人を連れてくる人も多いらしく、今度是非おいでよと言ってくれました。まさに憧れの世界ですよね。共有はとっても広いので、一部にはハンドメイドやDIYを楽しめるスペースもあります。 我が家は主人が相続したので、一応マイホームです。目の前に公園もありますし非常に恵まれた環境だとは思うのですが、大人ばかりのマンションってすごく響きが良いですよね。 毎日静かな中で生活して、休日には入居者の方々と一緒に楽しめるなんて最高の生活だと思います。私達夫婦も子どもがいませんからそういうマンションも良いかなと思ったのですが、我が家には大きな犬と犬用のハウスがありますから、今のマイホームが一番ですね。

Continue reading


新聞の折り込みチラシで素敵なマンションを見つけてため息

現在我が家はマイホームを探しています。 なので、週末新聞に入ってくる折り込みチラシはいつも楽しみにしています。 今住んでいるエリアからそう遠くない範囲でマイホームを探しているのです。 ただ、この辺は地価が高く、全く手が出せないような物件が多いです。 その中でも、マンションは特にそう。 庭いじりが好きどころかそういう管理が面倒に感じている私は、できれば戸建てより便利なマンションの方が良いのですが、資産価値を考えると、マンションは駅近、しかもできれば徒歩10分以内で探したいところなのですが、今のエリアでそのような条件を満たすマンションは、築年数が古くても高くて手が出ません。 たまに、3000万円を切るような中古マンションもあって、「おお!」と思い詳細を確認するのですが、中古で販売価格が予算内に入ってきても、それ以外の管理費、修繕積立費、そして駐車場代が高くて「やっぱり無理」となってしまうのです。 これらの費用を合わせると、特に駅近物件は駐車場代が高く、毎月4~5万円、ローンとは別に支払わなければならず、我が家には予算的に厳し過ぎます。 だけども、素敵なマンションのチラシを見ると、やっぱり「いいなぁ」と思ってしまうんです。 とても買えたものじゃありませんが、駅から徒歩3分、床面積約90平米で、築7年という物件がありました。 間取りも素敵だし、こんなところに住めたらいいなぁと妄想を膨らませてしまいます。 ちなみにこの物件は、販売価格が7090万円、それに加えて管理費16500円、修繕積立費11000円が別に毎月かかります。 駐車場は飽きがなく、車を持っている人は近隣で探すことになるのでしょうが、駅徒歩3分のエリアで月極駐車場は、あったとしても相場が2万円前後です。 シェア畑で無料薬野菜を作りませんか? 思わずため息が出てしまいます。 どれだけ裕福な人が住んでいるんだろう。 娘の幼稚園のお友達に、このマンションの住人がいます。 一度マンションの共有施設であるキッズスペースを借り切って遊んだことがありますが、そこだけでも素敵でした。 妄想は妄想として楽しんで、自分の物件探しは現実的に進めていこうと思います。 おしまいに私が見つけたおすすめ不動産関連サイトをお知らせします。 「私の不動産投資」ですが、このサイトは不動産投資だけではなく、不動産の情報が色々と紹介されています。 お時間ある方はどうぞ。

Continue reading