物件の方角について。

私達夫婦は夢のマイホーム購入の為に今まで様々な物件を見学しました。また、物件を購入するにあたって、どんな事に気をつけるかを勉強してきました。

まず、玄関やリビングの向きは慎重に見ていきました。

今は風水で家の間取りを見ている方も多いと思いますが、陽の当たり具合や空気の流れから見てみても的を得ていると思います。

また、私達は北海道に住んでいるので、玄関の向きは尚重要視しました。

南向きと北向きとでは雪の溶け具合に雲泥の差があります。陽の当たり辛い北向きでは、溶けるのに一ヶ月以上差がある所もありました。

また、ご年配の方から聞いた話では、道の突き当たりにあるドン突きにある家はあまり良くないとの事です。確かに私の家の近所では、その様な場所に家がある人は、大きなトラブルを抱えている方が多い様に思えます。

気の流れの様な話で、そこまでくると多少気の持ち様の部分もあるかと思いますが、折角一生に一度のマイホームを購入するので、私達は細かく気にしました。

結果、私達は南西角地の家を購入する事ができました。玄関は南向きなので日当たりは大変よく、夕方遅くまで電気を点けなくても明るい家になりました。

また、心配していた雪解けも早く、少し天気が良い日が続けば真冬でも道路が見える程です。

家の方角と言うのは気にしない人も多いと聞きます。勿論中古住宅を購入する方で、値段や内装など何もかも気に入ったうえで、方角だけが気に食わないという状況であれば、全く気にする必要は無いと私は思います。

ただ、調べていけばいくほど家の方角は、人間という動物が住む上でとても重要な役割を果たしていると思えてなりません。

今回記載させていただいた内容は氷山の一角で、まだまだ家と方角の関係については様々な見解があります。

マイホームの購入を検討されている方は、是非後悔の無い様に、しっかり調べてから購入して欲しいと思います。